Skip to content

抜くことのメリットとtデメリット

抜くことのメリットとtデメリット

ではもう一つのワキ脱毛の自己処理として行われている方法はというと、剃るのではなく抜くことになります。主に脱毛テープやワックスを使って、粘着面に無駄毛をくっつけて根こそぎ抜いていく。まさに毛根から引っこ抜くので剃るよりもその状態が長続きしするのですが、それだけに刺激が強く、肌に対する負担が大きくなってしまいます。
また毛抜きを使って抜くこともできますが、これも同じように引っ張るときに肌に刺激や負担をかけて、色素沈着や埋没毛といったトラブルになる場合があります。
さらに肌に弱い人が行うと、赤みを帯びる、黒ずむ、ブツブツになるといった肌トラブルになることが多いので、自分の体質をしっかりと見極めてから行うことが大切になります。
メリットとしてはやはり値段的にそれほど高くはなく、すぐに行なえること、しかも剃るよりも長続きするというのが大きなポイントになってきます。その反面、肌トラブルになりやすいのがデメリットになります。
そしてどちらも異変が起こった場合はすぐに医者に行って診てもらうこと、またアフターケアとしてワキ脱毛をした後にはクリームなどで保湿すること、これが肌を守るために必要となります。